自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

アクティビティが豊富!ボホール島へ行ってきました【フィリピン】

こんにちは。ボホール島に行ってきた記録です。

セブ留学中にどこか島に行ってみたいと言ったとき、

とりあえずオスロブとボホールに行けばいいんじゃないかと勧められました。

セブから手軽に行ける観光地のようです。

 

ボホール島の場所

ボホール島はセブ島から東に船で2時間くらいの場所にある島です。

割と大きな島で、モールもあります。山のアクティビティが多く、

海のアクティビティも併せて楽しもうとすると、2日は欲しいところです。

 

カモテスの時と同じく、「Pier1(ピアワン)」から出発します

ボホールのタクビララン行きの便は多く、大体1時間に1便あります。

私は予約せずに行き、その場でチケットを購入しました。

この時に車もチャーターしました。(1日1台2000ペソ※約4,294円)

 

車の中にあったツアー概要です。countoryside tourの写真の箇所を巡りました。

左側にいろいろ金額が載ってますが、観光客向けなのか高めですね;

 

バクラヨン教会です。ボホール島最古の教会ということです。

フィリピンはキリスト教が浸透しており、あちこちに教会があります。

 

中はこんな感じです。他に有料の資料館もあります。

教会内はやっぱり雰囲気がありますね。天井まで細かく絵が描かれています。

壁に十字架の道行きも見えます。

 

ボホール島内は、あちこちに動物園があり、4箇所くらい案内されました。

見たことない動物が沢山です。動物好きにはおススメです

 

生きてるヘビを持つこともできます。※写真のは生きてないです

 

こんな近くでフクロウ見るの初めてでした 

 

ターシャです。こぶしサイズの小さなサルです。世界最小ということです。

これを見て可愛いと思わない人はいないと思います。

 

ロボック川で川下り+昼食が摂れます。550ペソでした※約1,180円

食事はビュッフェスタイルです。1時間のクルーズで、アコギ生演奏付きでした。

 

 

写真スポットのようです。細く長い木が覆いかぶさるように生えています

 

チョコレートヒルズの展望台の入口です。

変なモニュメントだったので印象に残っています。笑

 

4~6月の乾季は山が茶色に変わるのでチョコレートヒルズと呼ばれているようです。

バギーで近づくこともできますが結構費用が高かったことと、疲れていたので費用交渉もせずスルーしちゃいました; 

他にジップライン(400ペソ※約859円)、バイクジップ(自転車用ジップライン)など、本当に山のアクティビティが豊富でした。

 

さいごに

写真が少なめなのは全体的にスルーしちゃったからです;

私には怒涛の観光スポット巡りは荷が重かったようです。

のんびり生きたい。笑

 

m(_ _)m

terra-hina.hateblo.jp

^