自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

ルアンパバーンでは像使いになるのがおすすめらしいよ!【ラオス】

こんにちは。ルアンパバーンでの観光記録です。

観光がだるいとか言いつつ観光してるあたり、根がまじめなんだと思います。笑

ルアンパバーンでは沢山の日本人に会い、皆でワイワイ飲んだりしてました♪

皆は口をそろえて言いました。像使いになるのがおすすめだよ!

しかし私は像使いにはならずルアンパバーンを去りました。

やっぱりまじめじゃないのかもしれません;

 

ルアンパバーンの街歩き

ルアンパバーンにはお寺がめちゃくちゃ密集してます。

お寺好きの人なら歩いてるだけで楽しいだろうと思います。

 

ちょこちょこ入場料を取られるお寺もありましたが華麗にスルーしてます

 

 

竹でできた橋、「バンブーブリッジ」です。そのままのネーミングですね。

雰囲気でてます。夜はライトアップされ、さらに雰囲気が増します。

※通行料少し取られます

 

プーシーの丘

プーシーの丘へ登ります。夕日の絶景スポットのようで、

世界遺産となっているルアンパバーンを見渡せる場所です。

入場料は20,000kip※約260円です

 

頂上の仏塔(タートチョムシー)です。夕日を受けて輝いています。

 

f:id:terra-hina:20190211054114j:plain

頂上には観光客と思われる人々がたくさんでした。

柵を乗り越え、岩の上でバンザイしてる方もいらっしゃいました。

皆さま楽しそうでなによりです。

よく見ると、赤茶色の屋根が多いようです。

バンビエンよりは栄えていますが、田舎町といった雰囲気です

 

北側から登り、南側から降りましたが、南側には仏像がたくさん祀られていました

 

クアンシーの滝

クアンシーの滝ルアンパバーンから南西に少し離れた場所にあります。

有名観光地なので宿で往復バスチケットも販売されており、

35,000kip※約460円で購入しました。大体40分~1時間くらいで着きます。

また、別途入場料は20,000kip※約260円かかります

 

入場料を払って、しばらくすすむと熊がたくさんのエリアに出ます。

ツキノワグマ保護センターがあるようです。

 

さらに進んでいくと、見ごたえのある滝があります。

脇道からこの滝の上に上ることができます。(少し長い道です)

 

上からの見栄えは、下ほどではありませんでした。

 

木にロープが張っており、水遊びができるようになっていました。

1月初旬に訪れましたが、水は冷たく入るのに勇気がいるレベルでした;

 

まとめ

その夜のナイトマーケットでの一コマです。

ルアンパバーンには日本人観光客も多かったです。

像使いにはなりませんでしたが、ツアーに参加すると資格がとれるようです!

像の毛はタワシみたいで、だんだん愛着が湧いてくるそうです!

素敵ですね!笑

m(_ _)m

^