自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

チェンマイからミャンマーのパアンへ陸路移動した記録【タイ⇒ミャンマー】

こんにちは。タイのチェンマイからミャンマーのパアンまで陸路移動した記録です。

タイのメーソートからミャンマーのミャワディへ抜ける国境を通りました。

一日で移動することもできそうでしたが、

しんどそうだったのでメーソートで一泊しました。

 

チェンマイ⇒メーソートへのバス移動(7時間)

f:id:terra-hina:20190215065224j:plain

チェンマイからタイ側の国境の町、メーソートまではGREEN BUSで移動しました。

チケットはHPで購入し、印刷して当日持参しました。

バスターミナルでチケット交換などは必要なく、これ一枚で乗れました

http://www.greenbusthailand.com/website/en/

 

チェンマイのバス乗り場はここです。

チェンマイではグラブが使えたので、ここまではグラブを使用しました。

朝8:30出発だったのでサクッと着きたかったということです。

チケットに書いている17番のプラットフォームです。

分かりやすく、目の前にバスが止まってくれます。

 

車内では水が一本もらえました。車内の写真はありませんが、

制服の乗務員がおり、管理が行き届いているしっかりしたバス会社という印象でした。

一般的な4列シートでしたが快適でした。

 

終点はメーソートのバスターミナルになります。

メーソートに入ってから何度か停車し人を乗せたり降ろしたりしてたので、

乗務員の方にお願いすれば途中で降りることもできそうでした。

 

 

メーソートで一泊

バスターミナルのすぐ近くの宿で一泊しました。

宿の向かい側の店の方に、食事できるところはないか聞いたところ、

アパートの1室のような場所にあるお店?に案内され、

35バーツ※約130円で、がっつりと食事を取らせてもらいました;

味は微妙でしたが、田舎の本気といった感じでした。笑

 

真横にかなり大きなホームセンターがあります。食料はありませんでした

 

メーソート⇒ミャワディへ徒歩で国境越え

翌日です。国境のタイミャンマー友好橋までノコノコと歩いていきました。

3~4kmくらいです。40分くらいかかりました。

バスターミナルに戻ればソンテウに乗ることもできると思います

 

タイ側の出国審査を受けます。どこに行くのか聞かれ、パアンと答えました。

他には特に質問はなかったと思います。

 

10分くらいかけて橋を歩いて渡ります。

ミャンマー側では、書き方を教えてもらいながら入国カードを書き、

そのままスムーズに入国しました。どこのブースに入ればいいか、

近くの人が皆教えてくれました。ミャンマーの人々はかなりフレンドリーみたいです。

日本人観光客が多いのか、入国審査官も日本語で挨拶してくれました。

 

ミャワディ⇒パアンへのバス移動(5時間)

ミャワディに入ると、あちこちから客引きが近寄ってきます。

パアンまでの金額を聞くと10,000チャット※約740円と言われました。

この金額が高いことは事前のリサーチで分かっていたので無視して進みます。

ただ、他の方のブログで紹介されてた場所にバス乗り場がありません;;(中央の赤ピンの場所)

途方に暮れながら歩いているとき、オートリクシャのおっちゃんから話かけられました。

ダメ元で聞いてみると、5,000チャット※約370円でパアンまで行けるということだったので案内してもらいました(左端の赤ピンの場所)

 

おっちゃんに案内され、カウンターで5,000チャット払い、バスに乗ります。

途中から予想してましたが、おっちゃんから最後にお金の要求がありました;

いくらか聞いたところ、任せるということだったので1,000チャット※約75円を

あげたら満足そうな顔してました。相場が分かりません;

 

蚊が多かったです。ミャンマーの文字全く分かりません;

古代文字にしか見えないです・・笑

車内で気づきました。時差でミャンマーはタイより30分遅れています。

 

ミャワディで迷ってるときにパン屋を見つけたので購入してました。

これ2つで500チャット※約40円でした。安すぎです・・

味は甘くて、水分が多くグチャッとしてた気がします。

 

ミャワディからパアンまでの道はかなり悪かったです。

正直、これが東南アジアで一番悪かったバス移動になります;

舗装はされているのですが車一台分くらいの幅しかなく、対向車が来るたびに

横に避けるため、斜めになり、車体がガタガタ揺れました;;

パアンまでそんなに距離は離れてないはずなのに5時間かかりました

 

パアンのバスターミナルです。すごい微妙な場所にあります;

客引きはありませんでした。距離的に徒歩は無理だとすぐ分かったので

バイタクを探し、宿まで2,000チャット※約150円で運んでもらいました。

親切な人が多く、すぐにバイタクの場所を教えてもらえました

 

夕日が綺麗でした。パアンではSoe Brothers 2に泊まりました。

 

さいごに

ミャワディからパアンまでは、大型のバスより小型のバンの方が良いと思います。

揺れまくるし全然進まないし、なかなかハードでした;

あと、途中で検問のような場所があり、一度だけパスポートの写真を取られました。

1日でチェンマイからパアンまで行こうとすると、

到着は夜10時すぎくらいになるんじゃないかと思います;

m(_ _)m

^