自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

パアンのSoe Brothers II Guest Houseに泊まった感想【ミャンマー】

こんにちは。ミャンマーのパアンで泊まったゲストハウスの記録です。

Soe Brothers II Guest Houseソーブラザーズ2ゲストハウス)

あくまでも個人的な感想なのでご了承ください。

アゴダ予約でドミトリー2泊 2,162円でした(1泊1,081円)※朝食付き

 

 

 Soe Brothers II ソーブラザーズ2ゲストハウス

ソーブラザーズ2ゲストハウスの立地はなんとも言えません。

(ソーブラザーズ1も別の場所にあるらしい)

付近に何軒か食事ができる場所があり、ローカル市場もありましたが、

基本はトゥクトゥクかバイク移動が必要な場所です。

そもそもパアン自体が田舎のような印象です。

 

ミャンマーの人はとにかく優しいです。かなり丁寧に対応されました。

 

ドミトリーは可もなく不可もなくといった感じです。4階だったと思います。

プライベートなスペースはなく、人数も多いので夜寝るだけの場所です。

いつもの日課で、到着した時、虫がいないか入念に調べてたら

隣のアメリカ人の姉ちゃんから「そんな調べなくても(笑)」と言われました;

 

ドミトリー室内にロッカーがあります。場所は指定です。

チェックインの際に鍵を渡されます。開けてみるとバスタオルとアメニティがありました。

トイレットペーパーには驚きました。ありがたくいただきました♪

 

洗面台&トイレ&シャワーはドミトリ内に1箇所、外に2箇所でした。

若干少ない気もします。水圧・温水は問題なしです

 

トゥクトゥクでのツアーも毎日行っているようです。

参加するつもりでしたが、トゥクトゥク2台分という定員があるようで、運悪く参加できませんでした;

代わりにバイクを借りて、自力で5箇所を回りました

 

バスチケットも販売しています。9時発のヤンゴン行きVIPバスを利用しました。

パアンまでのバスが恐ろしく悪かったためVIPにしてみました;

9,500チャット※約700円でした。

 

宿ピックアップではなく、数分歩いて大きい道でバスを待つスタイルでした。

パアンまでのバスと違い3列・皮シートで揺れもそこまでなく快適でした。

ただ、ミャンマー語のお経のようなものが車内で流れており耳障りでした

 

さいごに

パアンはまだあまり観光地化が進んでいないようで、

ゲストハウスの外ではあまり欧米人観光客を見かけませんでした。

ただ、観光資源は豊富なので、いずれは観光客で溢れそうな気もします。

観光については別途記事をあげます。

m(_ _)m

^