自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

ロンドンからエディンバラへのバス移動と観光記録【イギリス】

こんにちは。スコットランドのエディンバラへ行ってきた記録です。

エディンバラは世界遺産です。街歩きしてるだけでワクワクできる場所でした。

個人的な印象ですが、ロンドンより洗練されていて澄み渡ったような印象でした。

訪れた2月は太陽があまり登らず、常に早朝のような雰囲気でした。

いつも通り観光に関する詳細情報は皆無です。とりあえず画像を貼って終わります

 

ロンドンからエディンバラへのバス移動

エディンバラへの移動は、長距離バスを利用しました。

イギリスでは長距離バスのことをCoach(コーチ)と呼ぶらしいです。

地下鉄でビクトリア駅まで行き、5分ちょい歩いた場所にあります。

事前にOmio(オミオ)で予約しました。※旧:GoEuro

発車日や時間により価格は変わりますが、今回は20.2ポンド※約2,930円でした。

 

受付の方にスマホの画面を見せ、発車Gateを教えてもらいました。

深夜22:30出発で、午前8:30頃到着しました。所要約10時間です。

 

バックパックは自分でバス下に入れ、スマホの画面を見せてから乗ります。

座席に指定はなく、自分の好きなところに座ります

一般的な4列シートで、シートはあまり倒せません。夜は若干ツラいです。

食事も問題ないですが、匂いのするものやホットフードは駄目なようです。

 

f:id:terra-hina:20190312085855j:plain

エディンバラのエルダーストリートに到着しました。

この辺りはエディンバラ新市街になります。

 

エディンバラの街歩き

エディンバラの観光地はある程度の範囲に固まっています。鉄道を挟んで、

北側が新市街(ニュータウン)南側が旧市街(オールドタウン)となります。

バスツアーなどもあるようですが、主要な場所を軽く歩いて終わらせました。

 

新市街(ニュータウン)

新市街はブランドショップが立ち並ぶ、お洒落な雰囲気の場所でした。

 

f:id:terra-hina:20190312100712j:plain

スコット記念塔です。ウォルタースコット卿の記念碑のようです。

中に像があります。上りませんでしたが、有料で上ることもできます。

 

カールトンヒルです。エディンバラ市街を一望できます。

街中から遠くないので歩いてでも行きやすい場所です。

 

運が悪かったようで、すっきりしない天気でした;

 

旧市街(オールドタウン)

鉄道上の橋を越えた先が旧市街となります。

雰囲気が変わり、伝統的で洗練された印象を受けました

 

旧市街のビクトリアストリートです。

ここはハリーポッターシリーズのダイアゴン横丁のモデルとなった場所らしいです

 

エディンバラ城です。丘の上にそびえたっています。

中にも入れるようですが、入場料が少し高めです。15ポンド※約2,250円

 

スコットランド国立現代美術館

エディンバラには3箇所の美術館があり、すべて無料(寄付制)で入場できます。

旧市街と新市街の美術館がアクセスしやすいですが、

今回は少し離れたところにあるスコットランド国立現代美術館に行ってみました。

昔の絵画ではなく、近代・現代の作品となります

 

なんというか、表現がしづらい高次元の作品が多いです。

その道の方ならわかるのかもしれません。

何かインスピレーションを受けたような気がしなくもないです・・・

 

さいごに

街を歩いているだけで楽しい場所でした。

細かい場所は覚えていませんが、かなり写真を撮っていました♪

一人で行きましたが、おしゃれなカフェやパブも多かったので、

願わくば誰かと入ってみたかったです;笑

m(_ _)m

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ・にほんブログ村

^