自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

ムンバイの街歩きの記録。貧富の差を感じた都市でした【インド】

こんにちは。インドのムンバイ滞在記録になります。

ムンバイは、人口約2,100万の大都市です。街には高層ビルが溢れていました。

多分、たくさんの見どころがあるのだと思いますが、滞在は2日だけでした。

4月の時点で最高気温が40℃近くなり、とにかく北へ逃げたかったからです;

なので、あまりしっかりとは街を見れてません。

ただ、住みたいとは思いませんでした。。簡単に記録をまとめて終わります

 

Bandora駅付近

ムンバイで最初に降り立ったのが、Bandora駅付近です。

Bandora駅は近距離電車のみ発着するローカル駅であり、デリーやジョードプルなど

遠方の都市へ向かう駅は、1~2km北にあるBandraTerminus駅となります。

田舎と違い、周囲のインド人から話しかけられる場面は少なくなりましたが、

たまにガン見されます;

 

遠くに高いビルも見えますが、この付近はスラムっぽい雰囲気の場所も目立ちました。

朝なので問題ありませんでしたが、夜通るのは少し怖そうです。

 

ドービーガード

ドービー・ガートという場所です。巨大な洗濯場になります。

伝統的な方法で洗濯をしており、街中から依頼を受けて洗濯をしているようです。

展望台もあり、この画像は展望台からの景色になります。

下で横になって上を眺めている人と目が合って、なんとなく気まずかったです。

 

歴史や、石を使った伝統的な洗濯方法について書かれています。多分。

ここにはまだカーストが残っているようです。いろいろと考えさせられます。

人は生まれを選べません。ただ、できることを精一杯するだけです。

 

奥に見える高層ビルとの落差が激しいです。

中に入ることもできるようでしたが、入りませんでした。

中からは笑い声も聞こえました。入ってみるとまた雰囲気は違うのかもしれません。

 

ショッピングモール付近(Grand Galleria)

ドービーガートから北に1~2km離れたところです。

突如、高級そうなショッピングモールが現れたので入ってみました。

インドのはずなんですが、ここの中の物価は日本とさほど変わりません

一目でお金持ちと分かるような身なりのインド人しかいませんでした。この落差;

 

このモールは入った瞬間、シンガポールを思い出しました。

高級ブランドのテナントしかありません。一番上の階の隅に無印良品がありました。

日本の無印よりも、かなり高値で商品が販売されてました。笑

 

ハンバーガー屋さん(HOWRA Buger)

f:id:terra-hina:20190428011808j:plain

ショッピングモールの食事が高すぎたので、

少し手前にあったハンバーガー屋さんに入ってみました。

ここも安くはありませんでしたが、ローカルなお客さんが多かったです。

 

めちゃくちゃ旨くて感動しました!アメリカンな感じです。

ファストフードのバーガーと違い、ジューシーで肉厚のバーガーが最高でした♪

単品で出してもいいレベルです。チーズもクリーミーで最高でした。 

手前のバーガーセットで310ルピー※約500円でした。

 

映画館(Le Reve Cinemas)

宿の近くにあった映画館です。行ってみて感じましたが、

ここはかなり高級な部類の映画館のようでした。映画は205ルピー※約330円でした。

めちゃ安いです。ただ、上映されてた映画は1種類だけでした。笑

 

 

Dr. Bubbles Chai Specialist(タピオカ専門店)

外へ出て道の向かい側に、タピオカティー専門店がありました。

甘くて冷たくて、タピオカはプルプルで美味しかったです♪

smallサイズは160ルピー※約260円でした。高い・・・

インドにきて、チャイやジュースのような甘いものばかり飲んでるんで病気になりそうで怖いです;

 

さいごに

インド門や、チャトラパティシヴァージーターミナス駅のような観光地には

行きませんでした。行っても一瞬だけ写真をとって終わりだと思ったので;

ムンバイは高層ビルが沢山ですが、よく見ると建設中のビルも多いようです。

まだまだ発展が予想されます。ほんの一部ですが、ムンバイでした。

m(_ _)m

^