自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

Redbusでネット予約!ムンバイからアフマダーバードまで夜行バスで移動しました【インド】

f:id:terra-hina:20190429040337j:plain

こんにちは!インドのバス予約サイト、

Redbusで予約をして、ムンバイからアフマダーバードまで移動した記録です。

Redbusの使い方は前の記事をご覧下さい。カード決済もでき、簡単・便利です。

本当は列車でジャイプールまで行こうと思っていたのですが、

上手くいかなかったのでアフマダーバードを経由することにしました。

ムンバイ⇒アフマダーバードまで約1,962円でした(1,208ルピー)

m(_ _)m

 

ムンバイで列車に乗ることを諦めました・・

この辺りに長距離列車のチケット窓口があります。Bandra Terminusという場所です。

当初、ここでジャイプール行きの列車を予約する予定でした。

ただ、結果的に、今回は列車移動をやめ、バスで次の都市まで行くことにしました。

 

経緯は以下の通りです。(いずれも下調べ不足が招いた事態です)

 ◆窓口の人が多くてうんざり ⇒◆3つの窓口をたらい回しにされる

⇒◆翌日のジャイプール行きは空きなし ⇒◆ムンバイ暑すぎて早く移動したい

⇒◆あーめんどくさい。バスでいいや。とにかく北の方へ行こう

暑すぎると人は思考力が低下します。それを実感しました;

 

ムンバイセントラル付近で乗車

f:id:terra-hina:20190429042957p:plain

メールで受け取った電子チケットのキャプチャです。

Redbusは予約が簡単ですが、乗車場所がとても分かりづらいです!!

マップつけてほしいです!! マジで!!泣

 

最終的にこのポイントで乗車をしました。

バス会社によるかもしれませんが、時間を5分遅れたあたりで電話がきました

ただ、訛った英語で激しく話されるので全然聞き取れません・・。

やみくもに走り回って、なんとかバスを見つけることができました;

 

夜中の11時ごろに休憩がありました。水を買いました。

いくつか都市を回ってきましたが、インドでは水1リットル20ルピー※約33円が基本的な価格のようです。

 

バスの車内です。今回のバスは仕切りが手動スライド式のドアでした。

中はそこそこ広く、足を伸ばして寝ることができました。

ただ、身長が180cmくらいになるとしんどいかもしれません。

冷房が強すぎるので、パーカー+ウルトラライトダウン+マスクで寝ました

 

アフマダーバードに到着

アフマダーバードでは、この辺りで降ろされました。

トゥクトゥクの客引きが鬱陶しかったですが、振りほどき、Uberで移動しました。

Uberのことを現地の人はウベルと呼ぶようです。

Ahmedabadのことをなんでアフマダーバードと呼ぶのでしょうか?

そのまま読むとアーメダバドです。アーメダバドで良いと思うんですが。

日本語って訳し方が独特で、そのまま海外の人に伝わりません。不満です。

 

さいごに

乗り場所さえ分かればレッドバス最強だと思ってます。

ただ、どこかのタイミングで列車も挑戦してみたいと思います。

以上です。

m(_ _)m

^