自分なりに生きた証を残すブログ

世界一周・生き方・英語・国内車中泊についての記録です

ジャイサルメールフォート・キャメルサファリの記録。星空が綺麗でした♪【インド】

こんにちは。ジャイサルメールには1週間くらい滞在しました。

今回は、画像の奥に見えるジャイサルメールフォートの中と、

1泊2日のキャメルサファリツアーの記録です。画像が多めになってます。

暑かったですが、街の雰囲気は本当に素敵でした♪

 

ジャイサルメールフォート

ジャイサルメールの真ん中にある城のようなものがフォートです。

中には無料で入ることができます。宿からも近かったので歩いて行ってみました。

ジャッキーチェンが映画の撮影で滞在しているという噂もありましたが、

遭遇はできませんでした!笑

 

f:id:terra-hina:20190506143725j:plain

入り口です。フォートの東側にありました。雰囲気があります。

 

中に入ると、さらに奥の上の方に建物が見えます。

全て砂の色で統一されていて綺麗です♪

 

f:id:terra-hina:20190506143902j:plain

しばらく坂を上っていくと広場に出ました。リキシャや屋台がたくさんです。

フォートの中には、お土産屋さんやレストラン・ゲストハウスがあるようでした。

ガイドがいらないかと声を掛けられましたが断りました。奥の路地に入っていきます。

 

めちゃくちゃ雰囲気があります。映画で使われててもおかしくない印象です。

何度かお土産屋さんの客引きに止められましたが、そんなにしつこくはなかったです。

中はそこまで広くないので、さくっと回れました。

 

道を引き返している途中の写真です。

フォート内は本当に写真映えします。素敵な場所でした♪

 

キャメルサファリツアー 

ホテルの方には申し訳なかったのですが、ホテルで会った日本人の方から

外部のキャメルサファリツアーに誘われたのでついていきました。

ジャイサルメールの南にある、クーリという村から出発するということでした。

地図の場所からローカルバスが出ています。

 

この青いバスでした。乗車率は120%くらいで、後から来た人は立ってました。

12:30にバス停に行き、13:30にバスは出発し、14:50にクーリ村に到着しました

料金は40ルピー※約65円でした。

 

エアコンはありません。走っていないときは特に暑いです;

女性優先で座ってもらっているようでした。外国人は自分達だけでした。

窓の外にはアイスクリームを売ってるおっちゃんがいました。

 

クーリ村はこんな感じです。本当に『村』といった雰囲気です

村の中には、ラクダ、犬、ロバ?のような動物もたくさんいました。

女性たちが順々に井戸に水を汲みに行っていました。

 

f:id:terra-hina:20190506144042j:plain

こちらのゲストハウスです。近くの子供が案内してくれました。

Arjunさんというオーナーっぽいおじいさんにお願いすれば参加できます。

過去にも日本人が多く参加されたということでしたが、

最初に見つけた人は本当に凄いと思います;

1人900ルピーを提示されましたが値切り、700ルピー※約1,130円で参加しました。

今回2人のみの参加でしたが、大勢の場合は値引きできるようなことを言ってました。

夕食・朝食込みです。水は自分で用意しました。

 

村からしばらく歩いて砂漠にやってきました。

 

f:id:terra-hina:20190506144145j:plain

砂漠で料理をしてくれました。アウトドアのスキルが高いです。

メニューはもちろんカレーです。インドですからね。

多くの日本人はここでお酒を飲むようでしたが、

おじさんと2人のみの参加だったので、飲む流れにはなりませんでした。

 

夕焼けが綺麗です。ジャイサルメールの砂漠は、砂だけではなく、

所々に木やサボテン?が生えているタイプの砂漠でした。

砂だけの砂漠を期待している方は、他の砂漠に行った方がいいと思います。

 

朝です。砂漠に置きっぱなしにしてるらしいベッドで寝ました。

iphoneしかもってなかったので写真はありませんが、星空がかなり綺麗でした

砂漠をラクダで歩いているときは、「こんなもんかー」と思ってましたが、

星空を見た瞬間に、来て良かったと本気で思いました。おすすめです。

4月の参加でしたが、夜中と朝方は割と寒く、布団を被りました。

 

朝は甘いチャイと、かりかりの甘い揚げパン?ナン?をいただきました。

甘い朝です。砂まみれで早くシャワー浴びたいです。

このあとすぐに出発し、村に向かいました。村では料金とチップを払い終了です。

村の子供たちはナチュラルに、ルピールピー!と言いながら近寄ってきます;

 

さいごに

素敵な体験ができました。参加してよかったです。

ただ、一緒に行くメンバーは大切です。多分、楽しさが何倍にもなります。

m(_ _)m

^